工務店だけど、自宅の設計をなぜ建築家に依頼したのか

事務所兼住居の設計は、ここちよくprojectのメンバーである樋口さんにお願いしました。

工務店という立場で建築士の資格も持っているので、
自分で施工するだけではなく、“設計”することも、もちろん可能です。
けれども、なぜ建築家である樋口さんに設計を依頼したのか。
これから住まいづくりを考えている方の参考にもなるかと思い、書いてみたいと思います。

打ち合わせ

これまで、たくさんの建主の家づくりをお手伝いさせていただいてきました。
では、自分は一体どういう家をつくりたいのか。

どんな間取りの家がほしいか?
家の広さは?
敷地にどういう風に配置するのか?

自分なりに、形に落とし込もうといろいろ考えてみたけれど、どうもしっくりこないのです。

タイミング的には、結婚をし、そろそろ新しい家族も増えるという時期でした。
この家族でどういう暮らしがしたいか、
どのように子育てというか、子供にしてあげられることはなんなのか?
これは、いろいろと考えが浮かんできました。

住まいをつくるという仕事柄、いろんなご家族と接してきましたので、
「自分だったらこういう暮らしがしたい」ということを漠然とイメージすることができたのです。

でも、やはりその「暮らし」をどうやって住居という「かたち」にしていくかを考えるのは全く別問題でした。

けれども、身近なところに、答えはありました。

軸組模型

「どんな暮らしをイメージしますか?」
樋口さんの設計は、いつもこの言葉からはじまります。
http://cocochi-yoku.net/column/?p=10 

その言葉から、家づくりが始まって完成していくまでを、何軒も体感してきてたんですよね。
じゃあ、自分もそうしよう!と思い、樋口さんに正式に設計を依頼することになりました。
打ち合わせでは、さまざまな話をします。

「深い軒がほしい」
「できるだけコンパクト」
「物はあまり置きたくない」
「収納はたくさんほしい」
「人が集まる暮らしがしたい」
「冬は、太陽の温かさを感じる暮らしがしたい」
「夏は、エアコンではなく、自然の風を感じたい」
「子供は、庭で走り回り、自然を感じてほしい」
など。

その漠然としたイメージから、どんどん具体的なイメージへと変わっていきます。
そして、そのイメージを基にプランが出来上がっていく。
建主のみなさんが図面ができあがっていく時にわくわくする気持ちが、とてもよくわかりました。

棟上げ
建築家に設計を依頼する最大のメリットは、間取りを考えてもらうということではなくて、建て主の持つ漠然としたイメージからその人の思い描く暮らしを読み取り、家を器とした「暮らしをデザインしてもらえる」ということだと思います。

そうしてできた家に住み始めて1年7ヶ月。
設計段階ではお腹にいた娘も2歳となり、この家でおおらかにすくすくと育ってくれています。

暮らし