工務店ってどんな仕事をしてるの?

工務店の仕事

家を建てる時の方法として、いろいろあります。
ハウスメーカー、地元の工務店、知り合いの大工さんなど。

多くの方にとってなじみがあるのは、ハウスメーカーや工務店の設計・施工を主とする家づくりなのではないかと思います。
これらはそれぞれが得意とする特色のある手法で、家を作っていくもので、各社独自の「商品」といわれるような家を提案してます。

ここちよくの施工を担当しているK-supportは、工務店です。
けれども「商品」というのは持っていません。
商品というかたちで「この中から選んでください」というのではなく、「こういうものを作ってください」というものに対して、工務店としてできることを探し、提案しながら家づくりをしていきます。

その中でも、設計事務所の建築士さんの設計・監理による家づくりを得意としています。
言い換えると、家づくりの大きな要素である「施工」の部分にこだわってる工務店です。

工務店の現場監督は現場で実際に手を動かす技術者ではないけれども、設計者の図面を読み取り、職人に伝えるための施工図を作成し、数多くの職人をまとめたり調整する指揮者的な役割を果たします。

設計者が描いた図面を、工務店がきちんとその意図を汲み取って施工図として職人に伝え、それぞれの職人達がそれを元に技術を発揮し形にしていく。これの積み重ねが家を作るということなのです。

当たり前のことを当たり前に。
派手なことをに手を出すのでなく、当たり前の普通のことをコツコツと継続することで、本物が生まれてくる。そんな思いで施工の技術者として住まいづくりに携わっています。