図面を形にする職人たち


大工

建主の暮らしを表したものが、設計図になるのだから、できるだけ内容の充実した良い設計図が必要です。

では、よい設計図があればいい家が出来上がるのか?

図面があれば家ができあがるのが当然だと思われるかもしれませんが、 実はそうではありません。

1件の家をつくるためには20を超える業種が必要となります。
そして、家が完成するまでには総勢100人を超える職人が工事に携わることになります。

現在は、材料や工程が工業製品化されたり、いろんな部分でIT技術が導入されたりしていますが、 あくまでも住宅は“現場”で“職人の手”によってつくられています。
そういう職人の技術の集まりによって「家」というのはできあがるのです。

現在の家づくりは、工期やコスト削減のために、手間を省き、高度な技術を必要としない工法も生まれています。
誰がやってもある程度の品質を保つことができる。
しかも早く。
これは、お施主様にとってもメリットの一つでもあります。
そのため使う材料は、工業製品、いわゆる“新建材”と呼ばれるものが主流になってきています。

杉板

「ここちよくproject」では、できるだけ自然な素材をつかって、職人の高度な技術を大切にした家づくりを目指しています。

建築家が設計した建主のための設計図は、それぞれの建主の十人十色の暮らしの部分を図面化していますので、標準化して表現することがとても難しいもの。
また、それと同時に設計図に描かれたものを実際に形にする職人の技術がとても大事になってきます。

職人の代表的な存在で、家づくりの要になるのが、やはり大工です。
住宅では、木の占める部分がおおきくて、木というのは、ゆがみや経年変化による歪みが出やすかったりもします。

ですので、狂いなどがでにくい集成材や新建材といった材料がどんどん利用した家づくりが主流となってきています。

それでも、歪みが出てしまうのが木の特徴です。

仕上げしまうと隠れてしまう下地の段階でしっかりと手間をかけ、木の変形の性質を読み、しっかりと調整したりすることで、メンテナンスに手間のかからない家を作ることができるのです。

ここでいう「調整」とは、0.5mm~1mmレベルの話。

できあがってしまうとなかなか分からない部分であると同時に、ものすごく手間がかかってしまう作業になります。

床

私と職人との合言葉は、
「ここまでやっとけばいいだろう。」
ではなくて、
「ここまで、やらないといけないだろう!」
で、あり続けたい。

誰が設計するかによってできあがる家が全く異なるものになると同時に、どういった職人が施工するかによってもできあがってくるものは全く異なってくるのです。