工務店だけど、自宅の設計をなぜ建築家に依頼したのか

事務所兼住居の設計は、ここちよくprojectのメンバーである樋口さんにお願いしました。

工務店という立場で建築士の資格も持っているので、
自分で施工するだけではなく、“設計”することも、もちろん可能です。
けれども、なぜ建築家である樋口さんに設計を依頼したのか。
これから住まいづくりを考えている方の参考にもなるかと思い、書いてみたいと思います。

打ち合わせ

これまで、たくさんの建主の家づくりをお手伝いさせていただいてきました。
では、自分は一体どういう家をつくりたいのか。

どんな間取りの家がほしいか?
家の広さは?
敷地にどういう風に配置するのか?

自分なりに、形に落とし込もうといろいろ考えてみたけれど、どうもしっくりこないのです。

タイミング的には、結婚をし、そろそろ新しい家族も増えるという時期でした。
この家族でどういう暮らしがしたいか、
どのように子育てというか、子供にしてあげられることはなんなのか?
これは、いろいろと考えが浮かんできました。

住まいをつくるという仕事柄、いろんなご家族と接してきましたので、
「自分だったらこういう暮らしがしたい」ということを漠然とイメージすることができたのです。

でも、やはりその「暮らし」をどうやって住居という「かたち」にしていくかを考えるのは全く別問題でした。

けれども、身近なところに、答えはありました。

軸組模型

「どんな暮らしをイメージしますか?」
樋口さんの設計は、いつもこの言葉からはじまります。
http://cocochi-yoku.net/column/?p=10 

その言葉から、家づくりが始まって完成していくまでを、何軒も体感してきてたんですよね。
じゃあ、自分もそうしよう!と思い、樋口さんに正式に設計を依頼することになりました。
打ち合わせでは、さまざまな話をします。

「深い軒がほしい」
「できるだけコンパクト」
「物はあまり置きたくない」
「収納はたくさんほしい」
「人が集まる暮らしがしたい」
「冬は、太陽の温かさを感じる暮らしがしたい」
「夏は、エアコンではなく、自然の風を感じたい」
「子供は、庭で走り回り、自然を感じてほしい」
など。

その漠然としたイメージから、どんどん具体的なイメージへと変わっていきます。
そして、そのイメージを基にプランが出来上がっていく。
建主のみなさんが図面ができあがっていく時にわくわくする気持ちが、とてもよくわかりました。

棟上げ
建築家に設計を依頼する最大のメリットは、間取りを考えてもらうということではなくて、建て主の持つ漠然としたイメージからその人の思い描く暮らしを読み取り、家を器とした「暮らしをデザインしてもらえる」ということだと思います。

そうしてできた家に住み始めて1年7ヶ月。
設計段階ではお腹にいた娘も2歳となり、この家でおおらかにすくすくと育ってくれています。

暮らし

予算内に納めるために、建築家が考えること

藍住Y邸

建主と一緒に家をつくっていくことが決まったら
これから建てる家に対してどんなイメージを持っているのかをお聞きすると同時に「総予算」をお伺いします。

建築時には、建築費とは別に、新規家電・家具類購入費、外構・植栽費、設計・監理料等がかかります。
そのなかで家にかけられる金額を把握するのです。

実際に土地を確認しに行った後に
・敷地形状や大きさ
・周辺環境
・建主の家に対するイメージ

こういったことと、予算を頭に入れ、プラン…いわゆる間取りといったものを導き出します。もちろん、容積率や建ペイ率といった建築基準法的なことも含めて考えます。

建物は使用する材料、特に仕上げ材によって大きく予算が変わってきます。
今までの経験値や実際にメーカーに問合わせしたりし、「この材料を使うのなら坪単価がこれくらい」ということを勘案し、全体のボリュームを調整していきます。

また、図面作成の段階で打合せを重ねることで、建主が大切にしたいことや実現したいことが明確になっていきます。
こうやったらもっと楽しいだろうということも。

そんなことを積み重ね、建主の要望をできる限り盛り込んで出来あがった図面を見積りに出します。
工務店さんからあがってくる見積書を見ると、どこにいくらかかっているのかということがわかります。

そこで、例えば、壁の仕上げ材でも比較的高価な材料である漆喰を使用していた場合、それは本当に漆喰を必要とする空間なのか、それとも異なる素材でも代用ができるものなのか、いま一度、予算配分を見直してみるのです。

こういった作業をすることで、最終的に目標金額に合わせていきます。

しかし、「何を大切にしたいのか」ということをクリアーにし、それを建主、建築家、そして出来れば工務店さんもが共通認識として持つことが予算内に納める一番のコツなのかもしれません。

設計で大切にしていること

設計で大切にしていること

「どんな暮らしをイメージしますか?」

建主と初めてお会いした時、私が必ず質問することです。
でも、この質問に対してスラスラと言葉にして答えることができる方はとても稀です 笑。

けれども、どんなことを大切にしていて、どんな暮らしを思い描いているのか。
なかなか明確にはならないであろうイメージを、時間をかけて言葉にし、共有し、これらを具現化することで建主の「想い」が形になると考えています。

そして、「想い」を一緒に創る過程において大切にしていることは、室内だけで完結するのではなく、室内空間が “ここちよく” 空間や外部とつながることです。

おおらかにつながった空間は、光や影がいろんな表情を見せ、
さらに、視線を外部へと導くことで、意識が限りなく広がると同時に、光や風、季節感といったものが、日々の暮らしのなかに取り込まれます。

“ここちよく” つながることで、小さな楽しみや発見が増え、
感性や想像力を育むことができると考えています。

また、
機能的であるべき場所と余白のある空間。
開く場所と閉じる場所。

そんなメリハリのある空間をつくることも大切にしています。

建主と共有した「想い」を図面に表し
その「想い」を確実に現場へと橋渡しすることも、
私の大切な役割だと思っています。