工務店だけど、自宅の設計をなぜ建築家に依頼したのか

事務所兼住居の設計は、ここちよくprojectのメンバーである樋口さんにお願いしました。

工務店という立場で建築士の資格も持っているので、
自分で施工するだけではなく、“設計”することも、もちろん可能です。
けれども、なぜ建築家である樋口さんに設計を依頼したのか。
これから住まいづくりを考えている方の参考にもなるかと思い、書いてみたいと思います。

打ち合わせ

これまで、たくさんの建主の家づくりをお手伝いさせていただいてきました。
では、自分は一体どういう家をつくりたいのか。

どんな間取りの家がほしいか?
家の広さは?
敷地にどういう風に配置するのか?

自分なりに、形に落とし込もうといろいろ考えてみたけれど、どうもしっくりこないのです。

タイミング的には、結婚をし、そろそろ新しい家族も増えるという時期でした。
この家族でどういう暮らしがしたいか、
どのように子育てというか、子供にしてあげられることはなんなのか?
これは、いろいろと考えが浮かんできました。

住まいをつくるという仕事柄、いろんなご家族と接してきましたので、
「自分だったらこういう暮らしがしたい」ということを漠然とイメージすることができたのです。

でも、やはりその「暮らし」をどうやって住居という「かたち」にしていくかを考えるのは全く別問題でした。

けれども、身近なところに、答えはありました。

軸組模型

「どんな暮らしをイメージしますか?」
樋口さんの設計は、いつもこの言葉からはじまります。
http://cocochi-yoku.net/column/?p=10 

その言葉から、家づくりが始まって完成していくまでを、何軒も体感してきてたんですよね。
じゃあ、自分もそうしよう!と思い、樋口さんに正式に設計を依頼することになりました。
打ち合わせでは、さまざまな話をします。

「深い軒がほしい」
「できるだけコンパクト」
「物はあまり置きたくない」
「収納はたくさんほしい」
「人が集まる暮らしがしたい」
「冬は、太陽の温かさを感じる暮らしがしたい」
「夏は、エアコンではなく、自然の風を感じたい」
「子供は、庭で走り回り、自然を感じてほしい」
など。

その漠然としたイメージから、どんどん具体的なイメージへと変わっていきます。
そして、そのイメージを基にプランが出来上がっていく。
建主のみなさんが図面ができあがっていく時にわくわくする気持ちが、とてもよくわかりました。

棟上げ
建築家に設計を依頼する最大のメリットは、間取りを考えてもらうということではなくて、建て主の持つ漠然としたイメージからその人の思い描く暮らしを読み取り、家を器とした「暮らしをデザインしてもらえる」ということだと思います。

そうしてできた家に住み始めて1年7ヶ月。
設計段階ではお腹にいた娘も2歳となり、この家でおおらかにすくすくと育ってくれています。

暮らし

図面を形にする職人たち


大工

建主の暮らしを表したものが、設計図になるのだから、できるだけ内容の充実した良い設計図が必要です。

では、よい設計図があればいい家が出来上がるのか?

図面があれば家ができあがるのが当然だと思われるかもしれませんが、 実はそうではありません。

1件の家をつくるためには20を超える業種が必要となります。
そして、家が完成するまでには総勢100人を超える職人が工事に携わることになります。

現在は、材料や工程が工業製品化されたり、いろんな部分でIT技術が導入されたりしていますが、 あくまでも住宅は“現場”で“職人の手”によってつくられています。
そういう職人の技術の集まりによって「家」というのはできあがるのです。

現在の家づくりは、工期やコスト削減のために、手間を省き、高度な技術を必要としない工法も生まれています。
誰がやってもある程度の品質を保つことができる。
しかも早く。
これは、お施主様にとってもメリットの一つでもあります。
そのため使う材料は、工業製品、いわゆる“新建材”と呼ばれるものが主流になってきています。

杉板

「ここちよくproject」では、できるだけ自然な素材をつかって、職人の高度な技術を大切にした家づくりを目指しています。

建築家が設計した建主のための設計図は、それぞれの建主の十人十色の暮らしの部分を図面化していますので、標準化して表現することがとても難しいもの。
また、それと同時に設計図に描かれたものを実際に形にする職人の技術がとても大事になってきます。

職人の代表的な存在で、家づくりの要になるのが、やはり大工です。
住宅では、木の占める部分がおおきくて、木というのは、ゆがみや経年変化による歪みが出やすかったりもします。

ですので、狂いなどがでにくい集成材や新建材といった材料がどんどん利用した家づくりが主流となってきています。

それでも、歪みが出てしまうのが木の特徴です。

仕上げしまうと隠れてしまう下地の段階でしっかりと手間をかけ、木の変形の性質を読み、しっかりと調整したりすることで、メンテナンスに手間のかからない家を作ることができるのです。

ここでいう「調整」とは、0.5mm~1mmレベルの話。

できあがってしまうとなかなか分からない部分であると同時に、ものすごく手間がかかってしまう作業になります。

床

私と職人との合言葉は、
「ここまでやっとけばいいだろう。」
ではなくて、
「ここまで、やらないといけないだろう!」
で、あり続けたい。

誰が設計するかによってできあがる家が全く異なるものになると同時に、どういった職人が施工するかによってもできあがってくるものは全く異なってくるのです。

工務店ってどんな仕事をしてるの?

工務店の仕事

家を建てる時の方法として、いろいろあります。
ハウスメーカー、地元の工務店、知り合いの大工さんなど。

多くの方にとってなじみがあるのは、ハウスメーカーや工務店の設計・施工を主とする家づくりなのではないかと思います。
これらはそれぞれが得意とする特色のある手法で、家を作っていくもので、各社独自の「商品」といわれるような家を提案してます。

ここちよくの施工を担当しているK-supportは、工務店です。
けれども「商品」というのは持っていません。
商品というかたちで「この中から選んでください」というのではなく、「こういうものを作ってください」というものに対して、工務店としてできることを探し、提案しながら家づくりをしていきます。

その中でも、設計事務所の建築士さんの設計・監理による家づくりを得意としています。
言い換えると、家づくりの大きな要素である「施工」の部分にこだわってる工務店です。

工務店の現場監督は現場で実際に手を動かす技術者ではないけれども、設計者の図面を読み取り、職人に伝えるための施工図を作成し、数多くの職人をまとめたり調整する指揮者的な役割を果たします。

設計者が描いた図面を、工務店がきちんとその意図を汲み取って施工図として職人に伝え、それぞれの職人達がそれを元に技術を発揮し形にしていく。これの積み重ねが家を作るということなのです。

当たり前のことを当たり前に。
派手なことをに手を出すのでなく、当たり前の普通のことをコツコツと継続することで、本物が生まれてくる。そんな思いで施工の技術者として住まいづくりに携わっています。