仕上がり。

先日、中間検査も無事に終わった国府の現場。
屋根工事も進んできました。

IMG_8077
杉の化粧野地板貼り。
ちなみに、こちらの杉板は徳島産(笑)

樋口さん、棟梁とともに吟味した杉登り梁とのバランスが美しい!

この屋根は、室内の天井の仕上げも兼ねているので、
工程上、一番に天井が仕上がるというのは、
ビックリする人も多いのでは??

K-support 片山

実物

基本設計がだいたい決まったら、カタチの確認やバランス
頭の整理等々のため模型をつくります
私がつくる模型は手のひらサイズの1/100
手のひらにのせ、敷地に立ったつもりの視線で眺めます

「西春日野のいえ」は、その後実施設計を進めていくうちに
構造的なこと等で屋根の勾配を変えていますが、やっぱり実物とよく似てる!
あたりまえか、、、(笑)
f7b3d969-s
IMG_8657 - コピー_R

中間検査

IMG_8621_R市役所&瑕疵担保履行法の中間検査でした
構造の金物が、きちんと配置され仕様通り取り付けられているのかをチェックして頂きます
瑕疵担保の方は他にもチェック項目があり、写メ撮らせていただきました(笑)
IMG_8624 - コピー_R例えば、もしも、雨漏りなんかした場合に保険金で補修ができるのが瑕疵担保なのですが、保険屋さんとしてはできるだけ保険金を支払いたくない訳で。。。
また、全国から事例があがってくるので、こんな場合は、、、等
イロイロと細かく施工方法が提示されていたりします
でも裏を返せば、出来る限り雨漏りしない仕様となるということです
安心感ですねー

 

 

図面を読む。

建築家の図面には、ほんとにたくさんのことが描かれています。
IMG_7835
寸法がない部分でも、じっくり図面と向き合うことで、
その内容が読めてきます。

線一本が持つ意味、
そして、それらが作り出す空間、
頭の中で3Dの世界でイメージする感じ。。。

暮らし方というのは、人それぞれだと思います。
建て主が、自分では気づいていないここちよい暮らし、
それを建築家が汲み取り、図面化をする。

何十枚もの図面の中に、建て主の理想の暮らしがある。
そう考えて、図面を読んでいくと...
わくわくしてきませんか??

現場監督の仕事のひとつには、
こういうここちよい暮らしに向けて、
建て主をその気にするお手伝いもあると思います。

 

適所適材

↓先日シンポジウムに参加していました
IMG_8485地球温暖化、環境問題としてのフード・マイレージならぬウッドマイルズ、森林の持続可能、関わるモノ・人の顔が見える化、徳島すぎ等々盛りだくさんな内容でした

前回片山さんが書いているように、現場では、造作材と言われる窓枠や床材は木頭の杉を使っています
色も木肌もとてもキレイです
構造材はヒノキ、杉、米松を使っていますが、化粧材として使う梁・柱等も含め杉材はぼ高知産、時折愛媛産

実のところ私は何年か前までは、自分が使っている杉はすべて地元徳島の杉だと思っていました
が、木材の乾燥方法が地域によって違うこと、そしてそれによる材の仕上がり具合が多少違うこと、流通形態、などなど、いろいろと勉強を重ねるうちに知ったのでした

私が杉を使うのは、建主の要望もありますが、足のあたりが柔らかいとか、木肌が美しいとか、手に入りやすい材料であるとか。。。でも、”無垢材を使う=いい家”でもないと思っています
やっぱり、空間があってこそで、そこに素材感のある材料を使いたいと思うのが一番かもしれません

 

 

仕上げ木材。

仕上げの木材には、地元徳島の杉材を使うことが多いです。

IMG_6082
節がなく、とてもきれいです。
そして、やわらかくあたたかく、
やさしい感じがしてきますよね。

やわらかく傷がつきやすいということも言われますが、
その傷には建て主の暮らしが刻まれているんですよね。

そう思えるようになると、傷なんて気にならないかも。。。

K-support 片山 賢

投げ餅。

先日のお餅投げネタです。

ここ最近、あまり見かけないですよね。
私が子供の時は、年に何度か学校帰りに駆け付けた記憶がありますが。。。

IMG_7381
今回は、投げ餅のご準備を御手伝いさせていただきました。
徳島の木造住宅の上棟・餅投げでは、紅の餅は火を連想するので、避けるそうですよ。

昔は、家を建てるということは、地域の共同作業だったそうで、
家を建てるという富を地域で共有し、厄災を避けるという意味があったそうです。
こういう習慣が大切にされ、地域の暮らしを円滑におこなわれていたんですね。

こういう地域のつながりが、日々の暮らしをここちよくするのかも。。。

K-support 片山 賢

 

棟上げ

日曜日は棟上げ&お餅投げでした
記録的な寒さになるらしいと、ものすごく警戒していましたが
風がなかったからか、気持ちの問題か、、、カイロのおかげか(笑)
まー許容範囲の寒さでした。。もちろん極寒でしたがDSC_0085_R
棟上げの段階では、構造材の軸組が組みあがった姿ですが
この段階で”先行き”は、ほぼ決まると思っています
高さのバランスはもちろんのこと、構造がきちんと整理され組まれていなければ、仕上がりもそれなりになってしまうからです
なので、私もアタマの中で構造を組みながら図面を描きますし、監督さん始め、大工さん、プレカット屋さんなど現場の方々は図面を見て意図を読み、1mm単位で調整し実際の寸法に落としていきます
一発勝負のシビアな側面もあります
なので、無事棟上げが終了=みなさんホッとしていると思います(笑)

まだまだ先は長いですが

 

 

 

モケイ

計画中の「東吉野のいえ」の階段
毎回階段は試行錯誤なのですが、今回は積上げてからカタチを整えることに
写真は積上げた状態
凸凹した裏側をカッターで斜めに切り落として完成です

IMG_8158_R
凸凹って漢字なんですね―
ずーっと記号だと思っていました(笑)
しかし、書き順は!??