今年の春は、少し雨が多い気がしますね。
普通は嫌なイメージのある雨ですが、
落ち着いた場所・暮らしあがれば、
ここちよく感じられます。

IMG_9165
雨による波紋、葉っぱの動きが、
心を癒してくれるようです。

K-support 片山

光と影

IMG_9326_R
自分のブログには、何度も書いていることですが
太陽の角度と光の強さが丁度いい、今時分、(春・秋)
我家ではアートが楽しめます(笑)
朝は食事時に東からの光でそれを受ける壁に、お昼前は南よりの光でこの壁に↑
時間や日差しの強さによって変化し、風が吹けば影も揺れます

壁を見ながら深呼吸してます(笑)

 

 

 

 

 

現場

今日あたりから、外壁の杉を貼り始めているはず!
楽しみ!!
倉庫で塗られた材の写真は見ごたえ充分、ワクワクします

片山さんは、さらっと書いていますが、、、
通常というか、大体の工程において、外壁は材を貼ってから塗装をします
木材の場合も然り
しかし、木は動くので板と板の間にスキマが出来た時(間違いなくスキます)
着色した部分と素地の差は一目瞭然
・・・我家も、、、後から必死で筆!!で塗ってみましたが
見る角度によってはピンストライプ!?
・・・たぶん、片山さんち(八万のいえ)も若干、、、

で、今回は、サネの部分を先に塗ろうかとなったみたいですが
やはり、全部を塗ってしまった方がキレイに仕上がると
材を広げ、塗る場所を確保出来たこともあります

基本、大工さんは何ヶ月か常駐ですが
職方さんたちは、いくつかの現場をかけもちします
(他の工務店、大手ハウスメーカー等も同じです)
やはり効率よく現場をまわりたい、効率よく進めたいと思うのです

それでも、こんなもん。ではなく、よりよくしていこう
そのためには。。。
監督(片山さん)と現場の連携、棟梁の采配
建主が一番得をするように!!

私も日々教えられています
そしてもちろん(笑)図面に還元しています
ありがとうございます!

 

外壁仕上げ

外壁仕上げに杉板を使います。
工程のことも考えて、塗装仕上げをどういう形でするのが一番よいのか。。。

IMG_8521
運搬や材料費、その他もろもろで手間はかかりますが、
一旦倉庫にて材料の仕上げ塗装をすることにしました。
棟梁、塗装屋さんとも相談したんですが、
最終きれいに仕上げるには、しっかりと塗装しておくべきだろう!
ということになりました。
それに向けて、棟梁もしっかりと現場の調整もしてくれる。

職人の協力と連携に助けられます。

K-support 片山

意識

バームクーヘンで思い出した。。。
↓写真は、周辺に壁がないため床にコンセントを設けたときの写真120126_01_R
フタを閉めると、電気の線を通す四角い穴だけがあいた1枚の床板になります
一枚一枚床材を貼りながら、しかも均一ではない材料
こうするためには、きちんと位置を出し、加工するのですが、それは一発勝負

もしかして、蓋とその前後の目が多少違うとしても、許せる範囲かもしれない
それでもやっぱり、こちらの方が美しいと思うのです

また、板を一枚ずつ組んでつくる階段
DSC_0053
たまたま、現場に居合わせたら意見を求められるとこもありますが(笑)
棟梁は、いつもこうやって材料を並べ、色や目を見て順番を決めます
きれいなグラデーションになります

つくる人の美意識
手を動かす人たちの意識

実は。。。
現場にはそんなこともバッチリ現れると思うのです
もちろん、発揮してもらえるような図面を描かなければいけません

精進します!!