今年の春は、少し雨が多い気がしますね。
普通は嫌なイメージのある雨ですが、
落ち着いた場所・暮らしあがれば、
ここちよく感じられます。

IMG_9165
雨による波紋、葉っぱの動きが、
心を癒してくれるようです。

K-support 片山

外壁仕上げ

外壁仕上げに杉板を使います。
工程のことも考えて、塗装仕上げをどういう形でするのが一番よいのか。。。

IMG_8521
運搬や材料費、その他もろもろで手間はかかりますが、
一旦倉庫にて材料の仕上げ塗装をすることにしました。
棟梁、塗装屋さんとも相談したんですが、
最終きれいに仕上げるには、しっかりと塗装しておくべきだろう!
ということになりました。
それに向けて、棟梁もしっかりと現場の調整もしてくれる。

職人の協力と連携に助けられます。

K-support 片山

バウムクーヘン。

建て主が名づけてくれました。

IMG_8391
窓枠の出隅の加工の細工なんですが、
杉の木目がバウムクーヘンに見えたそうです。
そういわれると、そう見えてきませんか??

この細工は、トメと呼ばれるもので、
実は、現在の既製品を使った家の中では、
あまり見かけなくなりました。

木材と木材がだんだんと離れて隙間ができてきたりして、
クレームとして扱われたりすることもあるので、
こういう細工を使わないやり方に変わってきています。

でも、隙間ができてくるのは仕方がないと思って作業をするのと、
できる限り隙間が出てこないように、ひと手間かけて作業をするのでは、
出来上がりの差は、とても大きいものになるんです。
実際どうやってるかは、棟梁の企業秘密でしょうが。。。

こういった隠れた作業の積み重ねで、
家の出来栄えって変わるんですよね。
そして、建て主の暮らしにも影響はあるはず!

関わった人の努力の集まりが、家とその家族の暮らしを支えてるんだと思います。

K-support 片山

筋の通った。

木造の住宅が多いのですが、
鉄でいろんなパーツをつくることがあります。

IMG_8153
写真は階段の手すりになるのですが、
ピリッと筋の通った仕上がりになっていました。

取付は大工さんにバトンタッチです。

出来上がりが楽しみ!

K-support片山

外壁。

西春日野のいえ、外壁工事も進んできました。

よく屋根に使われるガルバニウム鋼板の立ハゼを外壁に使っています。
IMG_8171

このコーナー部分、
やっぱりピリッと筋が通ってます。
実物は、とてもスッキリときれいなんです!

K-support片山

仕上がり。

先日、中間検査も無事に終わった国府の現場。
屋根工事も進んできました。

IMG_8077
杉の化粧野地板貼り。
ちなみに、こちらの杉板は徳島産(笑)

樋口さん、棟梁とともに吟味した杉登り梁とのバランスが美しい!

この屋根は、室内の天井の仕上げも兼ねているので、
工程上、一番に天井が仕上がるというのは、
ビックリする人も多いのでは??

K-support 片山