振り返り。

今年一年もあっという間に過ぎてしまいました。
ブログの更新が滞ったり等、慌しかった一年でした。

今日は一日、新年を無事に迎えるために、
現場回りと、しめ縄飾りの取り付け。
写真は、樋口さんのブログで。。。
”お正月準備”

来年もしっかりと地に足をつけて、
現場もブログもがんばっていきます。

みなさま、よいお年をお迎えください。

K-support片山

スッキリと。納めるために

現場が始まると工務店さんは施工図というものをひきます
(図面の内容、頻度は、関わる設計事務所、工務店によって違うと思いますが)

設計図を元に現場の寸法に合わせた図面で、mm単位のとてもシビアなものです
元図がシビアなので、そうならざるを得ない部分もあるのですが。。。
img_1613
現場では監督さんと各職方さんが、施工図を元に
無理がないか、モレはないか、合理的か等々確認しつつ施工していきます

多少の???手間はかかっていると思いますが。。。
↑めっちゃかかっています!と怒られそうです(-_-;)
ヘンな無理はせず、キレイな納まりになるように

そんなことを積み重ねています

かんな

161205_06一般的に、現場で材料を削り合わせる という作業は、なかなか目にしなくなっているのではないでしょうか

大工さんをはじめとする職人さんたちの手作業
時間はかかるし、手間もかかる。コストもあがります
それだけに、つくる側だけの自己満足、目標にはならないように

でも、考えて考えて図面にし
現場のみんなが、うんうん唸りながらもつくる
そして出来たものを見て、建主がとても満足している
そんな様子を見ると、すべての過程を共有できた気がしてとてもうれしいのです
ありがとうございます
161205_09

積み重ね。

なかなか更新できずにいたブログですが。。。
現場は着々と。
img_2827
今回も棟梁は惜しみなく腕を発揮してくれてます。
今まで培った技術の積み重ねが、
明日への作業につながり、
次の工程の職人へと引き継がれていく。
それもここで暮らすであろう建て主のために。
こういう想いと作業の積み重ねが、
建て主の暮らしを支えてくれる。
家ってそういうものだと思います。
ブログも積み重ねていきます(笑)

K-support片山