仕上がり。

先日、中間検査も無事に終わった国府の現場。
屋根工事も進んできました。

IMG_8077
杉の化粧野地板貼り。
ちなみに、こちらの杉板は徳島産(笑)

樋口さん、棟梁とともに吟味した杉登り梁とのバランスが美しい!

この屋根は、室内の天井の仕上げも兼ねているので、
工程上、一番に天井が仕上がるというのは、
ビックリする人も多いのでは??

K-support 片山

景色。

どんな景色が広がってるんだろう??
家づくりのお手伝いをさせてもらってて、
とてもうれしくなる一枚です。

とても小さな窓ですが、この子、この家族にとっては無限の
広がりがあるのかな。。。

こういう気付きから、ここちよくも広がっていくのかも。

IMG_7872

図面を読む。

建築家の図面には、ほんとにたくさんのことが描かれています。
IMG_7835
寸法がない部分でも、じっくり図面と向き合うことで、
その内容が読めてきます。

線一本が持つ意味、
そして、それらが作り出す空間、
頭の中で3Dの世界でイメージする感じ。。。

暮らし方というのは、人それぞれだと思います。
建て主が、自分では気づいていないここちよい暮らし、
それを建築家が汲み取り、図面化をする。

何十枚もの図面の中に、建て主の理想の暮らしがある。
そう考えて、図面を読んでいくと...
わくわくしてきませんか??

現場監督の仕事のひとつには、
こういうここちよい暮らしに向けて、
建て主をその気にするお手伝いもあると思います。

 

仕上げ木材。

仕上げの木材には、地元徳島の杉材を使うことが多いです。

IMG_6082
節がなく、とてもきれいです。
そして、やわらかくあたたかく、
やさしい感じがしてきますよね。

やわらかく傷がつきやすいということも言われますが、
その傷には建て主の暮らしが刻まれているんですよね。

そう思えるようになると、傷なんて気にならないかも。。。

K-support 片山 賢