秘密道具。

秘密道具ってほどではないですが、
上棟時の効率化を目指して、新しい道具を購入しました!

木造軸組みの家を建てるとき、
まっすぐ建てるために、屋起こしという作業をします。
IMG_7293IMG_7292
柱がまっすぐ起きているか0.5mm単位で確認。

まっすぐ起きた時に、
仮筋違と呼ばれる45mm×45mmの木材で固定していきます。
木材だと、さすがに何度も使うということができません。。。

IMG_7295
写真にあるバッテンの金物が、
今回購入した「かりすじかい」。

棟梁に確認したところ、
現場での作業もかなり効率アップしたようです!

分解もできるので、持ち運び、保管も抜群です。

K-support 片山賢

隠しアイテム?

この週末は国府で棟上げです
今日も吹雪いていますが、天気予報では日曜日は極寒予定。。。
気温がどんどん下がるみたいで、最高4℃最低-2℃だとか

もう10年以上は愛用しているZIPPO用のガスが燃料の携帯カイロ
焼け石に水かもしれませんが、久々の出番です
IMG_8364_R

こだわり。

家づくりの中では、いろんなこだわりが出てきます。
それは、当然建主のこだわりもありますが。。。

今回のこだわりは、
基礎部分のコンクリート打ち放し仕上げ。
型枠を固定するために、セパ穴というものができてしまいます。
その穴を埋めるために、専用の工具があるんです。
yjimage
セパ穴埋め用鏝。
でも、この既製品では、仕上がりがいまいちピリッとしないんです。

そこで、仕上がりの条件を樋口さんとも相談して、
この工具を自作してみました。
当然、使いやすさも職人さんと検討しました。

IMG_6765
一番下の穴が、処理前です。

IMG_6300
既製品の鏝使用。
IMG_6285
今回の仕上がり。
エッジが効いてます(笑)
IMG_6284
コンクリートの壁がピリッとしまった気がしませんか??

K-support 片山賢

薪ストーブの極意!その2

新年最初の投稿は、前回に続いて薪ストーブについて。

桑原さんのレクチャーによって、
クリーンバーンがしっかりとできるようになりました。
IMG_6461
そうなると、夕方に最終の薪をくべたのに、
翌朝でもしっかりとオキが残ってる状態に。。。
なので、ストーブもほんのり暖かい。

そこで、灰をしっかりと混ぜてやることによって、
ストーブの底まで暖かくなり、灰全体が蓄熱してる状態になるそうです。
IMG_6934
さらに、こうすることで灰もフッカフカになるのだそう。
うまくいくと、ストーブの下部からも放熱が期待できるとか!

しっかり混ぜて、灰を活かす!!
ストーブも熱を持った状態を維持できるので、
簡単に薪に火入れができるし、
高温にするのもとても速い!
本当に、いいことづくめです。

今までは、毎朝のストーブの火入れが苦手だったんですが、
とてもスムーズになって、いい感じです!!

K-support片山